読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味をグレードアップするための情報屋

気ままに更新していきます

【ウコンに薬としての効能無し】

このたび、ミネソタ大学研究チームがある論文を発表しました。




「ウコンに薬効成分はない」




彼らの研究によると、いままでウコン(ターメリック)に含まれる「クルクミン」というポリフェノール化合物が健康によい作用を及ぼすと思われていたものは、「そもそも体内に吸収されないので薬としての効果がなく、プラシーボ効果にすぎない」ということでした。


プラシーボ効果とは、「思い込みが体に対してよい影響を与えること

つまり

「俺ウコン飲んできたから今日はガンガン酒飲めるわー!」という思いが影響したことでお酒が飲めるようになっただけで、これが飲んだものがウコンの缶につめかえられたポカリだったとしても

「俺の今日の気分ウコン炸裂状態だからガンガン飲めるわー!うぇーい!」と自分に言い聞かせてお酒が飲めるようになったよーてことです。(わかりにくい説明であったらすんません)


ほんじゃなんでウコンが二日酔いに効くとか、肝機能にいい影響をもたらすようになったの?て話ですよね。

どうもクルクミンから影響を与えていたと思われる観測データは肝機能・アルコール分解などとは全く別の部分で何かしらの影響を与えていたものであって、直接かかわりのあるタンパク質にたいしては何の作用も及ぼしていなかったというのが今回の研究の結論だったとのこと。


そして研究チームは最後に

「クルクミンをこれ以上研究することは無意味で、今後は一切クルクミンの研究をやめて、ほかの化学物質に時間や予算を費やしたほうがいい」とのこと・・・



みなさんも忘年会や送別会などのとき、今日は飲むぞーてときは彼(ウコン)に心をゆだねていたのではないでしょうか?コンビニにいけば必ずおいてある黄色やピンクの缶、彼らはこれから姿を消していくんでしょうか?


自分はそう考えると彼のことが恋しくてたまりません。今まで何回彼に頼って飲みニケーションを過ごしてきたことか・・・そしてそれがたとえ「プラシーボ効果」と言われても、彼を恨む気持ちなど一切わいてきません。


彼らの代わりなんているのだろうか??