読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味をグレードアップするための情報屋

気ままに更新していきます

小学校時代の夏休みの宿題に対する人物像から、のちにそうなるであろう社会的ポジションを考察する日記

メジャーなケース:夏休みの宿題


・タイプA
毎日欠かさず一定ペースでやっていき、8月の20日には宿題を終えている。
⇒この基盤は社会人になっても継続し、どんな企業においても部長クラスに在籍


・タイプB
初日から2週間ほどは宿題漬けの生活を送り、終わったあとは夏休みまで全力で遊び尽くす。

そしてタイプBには夏休み終了の過ごし方によって2通りに分かれる。

 


タイプBα・・・夏休み終了前に宿題が完全に終了しているか一度確認する
⇒幹部候補生として部長・専務クラスとかかわりながらも平社員のサポートもこなしていくマネージャー

タイプBβ・・・夏休みが終わるまでそのまま遊び尽くし、新学期早々に宿題のやり残しに気づき、焦りだす
⇒平社員の中でもムードメーカー的存在

 


・タイプC
初日からできる限りこなしていき、できるだけ早く宿題を終わらせるつもりでいるが苦手な科目の宿題に難儀したり予定通りに進んでいかず、遊ぶことはあまりなかったが宿題も完璧に終わらなかった
社畜50平社員50

 


・タイプD
ハナから宿題を完遂する気がほとんどなく、夏休みの宿題そのものに使命感がないために「暇なときにやる」「友達のをそれとなく写す作業メイン」「ほとんどやらずに罪悪感のかけらもなくそのまま提出」といったスタイルで夏休みを思いのまま楽しみ尽くす。新学期になっても焦りや後悔といったものがない
⇒【経営者・管理責任者

 

 




共感できた人もいるはず(キリッ

 



(注)完全なる個人的な見解です

プレミアム(な割合でしか休めない)金曜日

ソフトバンクさん、すごいっすね、支援金毎月1万とか(棒読み

 

個人的な見解だけど、一時的にごく一部の企業が採用するだけで、半永久的にこのシステムを導入するところは更にその中の一部でしかないと思うけどな。

 

日本中のほとんどの企業は他人事のように思ってるだろうし、曜日や業界によって忙しさが異なるではないか、正直こんなシステムを全国的に導入しようなんてのは、本当の労働環境改善への過程を濁すようなものの気がしてならない。(そもそもプレミアムフライデーがそういう趣旨ではないか)

 

 さて、こっからは急な思い付きの話

 

こっからは個人的な話だけど、仕事を辞めて1か月半が経過しました。

 

この1か月半のあいだ、ほとんど家にひきこもってPCつつくのとモンストする時間に費やしていました、たまにフットサルに行ったりBMX乗ったりとしたけど、体がなまる一方・・・

 

 

もうすぐ3月、引っ越しシーズンといわれる月・・・

 

「体がなまってる」

   +

「3月、引っ越し」

   ||

「引っ越しのバイトしよう!!」

 

てことでしばらく体動かしてなかったですが、今週からしばらくの間はりきっちゃいます。

 

 

引っ越し屋業界の3月て、どこの求人サイトのぞいても掲載してるね。

 

 

むかし10代の頃、いろいろワケあって無くなった「モ〇イト.com」て派遣会社に在籍してたときは引っ越しのバイトもやってたなあ、約10年ぶりの引っ越し作業。

 

実際にやったことある人は知ってると思うけど、なかなかハードなお仕事です。

続きを読む

ロイホの決断を元社畜が評価しておく

24時間を廃止したロイヤルホスト、さらに営業時間を短縮する事を発表しました。

 

時代の流れもあるし、赤字確定の時間帯を維持するのは建前でしかないからね、何事も利益を優先することは大事やな。

 

  1. まずは経営が黒字になること
  2. 従業員・社員の労働環境を良くすること
  3. そのうえで経営利益を伸ばすこと

 

経営が赤字になるとどうしても黒字を目指すあまり、労働環境も悪くなる。そうすると社員のモチベーションがあがらなくなり、結果経営も悪化する。

 

これに尽きるんだと思うけどな。

 

 

 

自分が前にいた会社で繁忙期にはいると、朝6時すぎから夜の11時ぐらいまで、日曜日以外は休みなしの2か月間とかあって、そういうときに労働力が足りなくなるから「人を増やして労働環境を良くしてほしい」みたいな話をしたら

 

「この時期はこれぐらい忙しくて当たり前や、俺らが若いころはもっと売り上げがあったし忙しかった」

とか言われる始末。

 

それ、20年以上前の話だし、自分たちがそうだったから今の世代も辛い思いしろ的な考えでしょって思い、やめることを決意しました。

 

最近の清水富美加さん引退とかでも、彼女を擁護するつもりはないけど、坂上忍が「俺らのころも給料は月5万だった」とか。

twitter.com

|д゚)こういうむかしむかしの人マジで無理。

 

 

続きを読む

頭痛が2日続くという違和感はすなわち・・・

どうも、普段はいたって健康体な主です。

会社を辞めて今日で約2週間が経ったのですが、昨日から軽い頭痛が続いています。

いつもなら1晩寝て朝起きたら治ってるんですが、珍しく日をまたいでからも頭痛が続いているんです。

これはいつもと様子がおかしい!と思い、軽い痛みを気にしながら「2日以上続く頭痛の原因」について調べてみました。

 

 

 

【頭痛に関するあるあるから推測】

 

片頭痛(偏頭痛)

これはよく耳にする言葉ですね。少し痛むなーとか、一定の間隔で軽い痛みがおこったりとか。これも何かしらの病気のサインだったりすることが多く、放っておいた場合は目まいが起こったりすることもあるそうです。特徴としては、こめかみ付近がズキズキしたり、頭や体を動かすと痛みが強くなったり、人によっては遺伝の影響もあるそうです。また、こういった症状は何らかの刺激を受けて頭のなかの血管が縮んだり膨らんだりする際にまわりの神経が刺激されて起きることが原因のようです。
何らかの刺激として考えられるものは、ストレス・疲労・アルコール・たばこ・薬の飲みすぎ、などが挙げられます。(主、晩酌しながら記事かいてるなう・・・)

片頭痛脳神経外科や精神科などでも治療ができるそうです!また治療法としては

①急性期治療(頭痛が起こった時になるだけ早く痛みを抑える薬を飲んで痛みを鎮める方法)
②予防療法(頭痛を予防するための薬を飲んで未然に頭痛を防ぐ方法)

があります。また、薬には飲むタイミングがあるので処方された病院でしっかり聞いておきましょうね^^そして片頭痛をなんとかしたい!という方への予防法としては、規則正しい生活をする・無理なダイエットはしない・ストレスを避ける(これむずかしいw)・アルコールを控える(おまいう)など、身近な存在に予防体側は潜んでいることがほとんどです。

 

自分、気をつけます!!|д゚)

 

混合型頭痛

 

あまり聞きなれない頭痛の名前ですが、これには上記で説明した片頭痛と、肩や首がこって筋肉内の血流が悪くなる事で起こる緊張型頭痛の2種類の症状が両方あらわれるものです。
どちらにも共通しているのが「血管の縮んだり膨らんだりする動作から血流が悪くなり、神経を刺激する」という点です。なので人間というのはいかに血をスムーズに循環させられるかということが大事なんでしょうね。

 

【改善策】
体を動かすと頭痛がひどくなるのに動かなかったら健康によくないし、薬を飲めばましにはなるけど、何かすぐに0円で対処できる・予防できる方法は?
それはやはり適度に体をほぐしてくれる「ストレッチ」ですね!具体的にどんなやり方がいいかを3つ紹介します。

①両肩をあげて落とす運動

両方の肩を上げて、力を抜いてストンと落とす。
これを10~20回繰り返します。

②首を倒す運動

頭に左手を乗せ、右肩の力を抜き、左にゆっくり倒す。
これを左右5~10回繰り返します。

③椅子に座ってする運動

椅子に浅く座り、足を前に伸ばす→方の力を抜いて体を前にゆっくり倒す。
これも5~10回繰り返します。


【まとめ】
頭痛に関する情報というだけでも数えきれないほどあります。その中でも「とりあえずここはおさえとけ!」て思った部分を書きました。そして書いているうちに自分の頭痛はいつのまにか収まっていました(笑

人間のからだって不思議。。

 

 

冬向けアイスの紹介

今回食べてみた冬アイスはこれ

 

f:id:aktty:20170206001853j:image

 

雪見だいふく-クリーミースイートポテト-

 

 

冬に食べたくなるものといえば「焼き芋」、芋+スイーツ=スイートポテトて連想。

 

 

雪見だいふくは過去にも生チョコいりとか抹茶入りとか色々出してたけど、最終的には「やっぱいつものバニラ内蔵雪見だいふく」て自分はなってた。だから今回も食べて最後は「やっぱいつものほうが(略    てなると予想しながら食べ始めてみた。

 

 

 

まず結論からいうと、「やっぱいつものほうが(略   だった笑

 

かといって美味ではなかったというわけではない、むしろリピート感情すら湧いている。

 

 

雪見だいふくの中身を覆っているあのモチモチ皮、写真で見ると黄色い感じから「少し芋っぽいテイストも混ざっているのか」と思ったが、食べてみるといつもの皮とそこまで味に大差なかった。そして中のアイスは

f:id:aktty:20170206002722j:image

こんな感じ(雑

 

カスタードクリームっぽいのが部分的に混ざっていた、だから「クリーミースイートポテト」だったのか、そこが少し気にかかっていたのである。

 

 

ハーゲンダッツにある黒蜜きなこ、あれの黒蜜的な役割を果たしている模様。種類別でいっても「アイスミルク」だから中身はそこまで濃くないため、このカスタードクリームみたいなのと合わせながら食べると個人的にはちょうどいい甘さだった。また安納芋を使っているあたり、ただスイートポテトを表現したかったわけではないのだろう、品のある芋の味が少しした。

 

 

ロッテのアイスは他メーカーのアイスと比べても比較的甘さが濃くなく、口残りもほどほどな印象がある。途中で飽きてくることなく、最後まで美味しく頂けました。

 

 

アイスは年中食べる派なんで、これからも気に入ったのでてきたら紹介していきまする。

 

 

 

 

【ウコンに薬としての効能無し】

このたび、ミネソタ大学研究チームがある論文を発表しました。




「ウコンに薬効成分はない」




彼らの研究によると、いままでウコン(ターメリック)に含まれる「クルクミン」というポリフェノール化合物が健康によい作用を及ぼすと思われていたものは、「そもそも体内に吸収されないので薬としての効果がなく、プラシーボ効果にすぎない」ということでした。


プラシーボ効果とは、「思い込みが体に対してよい影響を与えること

つまり

「俺ウコン飲んできたから今日はガンガン酒飲めるわー!」という思いが影響したことでお酒が飲めるようになっただけで、これが飲んだものがウコンの缶につめかえられたポカリだったとしても

「俺の今日の気分ウコン炸裂状態だからガンガン飲めるわー!うぇーい!」と自分に言い聞かせてお酒が飲めるようになったよーてことです。(わかりにくい説明であったらすんません)


ほんじゃなんでウコンが二日酔いに効くとか、肝機能にいい影響をもたらすようになったの?て話ですよね。

どうもクルクミンから影響を与えていたと思われる観測データは肝機能・アルコール分解などとは全く別の部分で何かしらの影響を与えていたものであって、直接かかわりのあるタンパク質にたいしては何の作用も及ぼしていなかったというのが今回の研究の結論だったとのこと。


そして研究チームは最後に

「クルクミンをこれ以上研究することは無意味で、今後は一切クルクミンの研究をやめて、ほかの化学物質に時間や予算を費やしたほうがいい」とのこと・・・



みなさんも忘年会や送別会などのとき、今日は飲むぞーてときは彼(ウコン)に心をゆだねていたのではないでしょうか?コンビニにいけば必ずおいてある黄色やピンクの缶、彼らはこれから姿を消していくんでしょうか?


自分はそう考えると彼のことが恋しくてたまりません。今まで何回彼に頼って飲みニケーションを過ごしてきたことか・・・そしてそれがたとえ「プラシーボ効果」と言われても、彼を恨む気持ちなど一切わいてきません。


彼らの代わりなんているのだろうか??